計画立てずに資金調達して廃業。便利屋を独立開業して借金して失敗した事例

計画立てずに独立開業して倒産させてしまいました

 
計画を立てずに借金をして結局採算が取れずに廃業してしまった方もいました。簡単に儲かるのキャッチフレーズでフランチャイズに手を染めて結局借金だけが残り廃業してしまった人が居ましたので掲載します。

 

独立開業資金のご相談受付

 

便利屋を独立開業して失敗

 

熊本県熊本市 38歳 美馬さん(仮名) 男性

 

60万円の自己資金で開業。初めての起業ということもあり、形から入ってしまいすぐに自己資金は尽きてしまい商工会議所経由で地元の地銀に300万円の借入れをした。事務所も借り、作業道具も一式揃い、作業格好もオリジナリティあふれる格好で。チラシ撒きの効果も出始め徐々に依頼も増えてきたが、作業料金の初期設定が安すぎたのか作業拘束時間と収入がどうにも見合わず、採算が取れなくなり廃業となった。

 

 

この人の場合はおそらく会社に勤めていて何か商売がしたいけど何をしたら良いかわからなくて簡単に儲かると言うキャッチフレーズで開業したけどそんなに甘くはない。あたりまえのことですが初めて事業を立ち上げて0からお客さんを探さなくてはいけないのです。又仕事をするにも道具やチラシも一から揃えなくてはいけないし何よりも料金設定ですね。ここに盲点があり採算が取れないと言う現実があったのですね。

 

自営業の資金のご相談受付

 

独立をするのなら繊細な計画を立ててからやるべし

 

独立開業資金を無担保無保証で借りれる所

自営業者の資金調達可能

 

どんな商売をするにしても簡単には儲けさせてくれません。やはり労力や宣伝費など色んなことでお金を必要とされてます。なので資金繰りに生きずまったりした場合は縁了なくご相談されることをお勧めします。


 

このホームページは金融関係の広告は掲載してますが金銭の貸し借りなどの融資行為は一切行っていませんのでご了承下さい。又条件によってはご希望に添えないこともございますのでご了承下さい。

 

Google

 

Yahoo! JAPAN